堀歯科医院の特徴

当院が患者様に選ばれる理由

安全を追求した設備

安全を追求した設備

堀歯科医院では、地域に先駆けて炭酸ガスレーザー、歯科用CTレントゲン撮影装置を導入しています。

また、矯正治療、咬み合わせ治療用の検査診断機器である、セファロレントゲン撮影装置、オクルーザー装置、キャディアックス顎運動測定装置、等を導入し、
しっかりとした診断の元、安全確実な治療を行えるようにしております。

インプラント治療についても、CTデータを詳細に分析したうえで、インプラント専用外部注水エンジン、ピエゾサージェリー用サージボーン、骨植テスト装置等、ドリルを使用しないOAMインプラント、治療期間を大幅に短縮する光機能化装置、等のハイテク機器を駆使して痛みや腫れの無い、抜歯と同時にインプラント埋入を行う”抜歯即時インプラント”を目指しています。
また、開業当初から、複数の超音波洗浄機、高圧蒸気滅菌装置を導入。
エプロン、紙コップ等を患者様毎の使い捨ても10年以上前から行って、気持ちよく治療を受けていただけるように配慮しています。

病院や歯科医院に一歩入ると特有の臭いが気になるという方も少なくないと聞きます。
これは消毒剤や粉塵が空気中を舞っていることが原因の一つと考えられています。
堀歯科医院では、粉塵対策に口腔外バキュームを、さらにウイルス・浮遊菌・臭いを除去しマイナスイオンを放出する業務用オゾン除菌脱臭装置を使用し、
快適な歯科空間を獲得しています。

信頼の43年の実績

信頼の43年の実績

堀歯科医院は堀広範が開院して43年になります。
開院当初から、ずっと、同じ場所で診療を続けております。

堀広範、堀博子の2人で堀歯科医院は運営されていましたが、
現在は堀克昌と堀はるみをメインに、運営されています。
堀博子の母も歯科医師であり、
堀歯科医院の患者さまの中には、3代にわたって歯科治療を受けた患者さまもいらっしゃいます。

現在は今でこそセミナーを通じて、(いわば他人の経験をお金で交換することで、)自分自身の経験値を引きあげることが当たり前になりましたが、医療の世界は基本的には”見て盗め”という職人の世界です。誰もわざわざ他人に治療テクニックのノウハウを教えてくれません。
そのテクニックを代々引き継ぐということを繰り返してきたことこそ、現在の堀歯科医院があるのです。

堀歯科医院院長 堀広範は東北大学歯学部附属病院に勤務していました。
また堀克昌も堀はるみも同じく東北大学歯学部付属病院に数年前まで勤務していましたので、
より専門性の高い相談をする場合には迅速に大学所属の歯科医師と連絡を取ることができます。

堀歯科医院では常に最新の歯科技術を取り入れ、より短期間で治療が終了し、
経過も良好な治療を行うために、新しいテクニックを習得する努力を惜しみません。
多くの情報が集まる東京・大阪はもちろんのこと、海外にも足を運び、
変化が早い現代の歯科界において、常にトップランナーを目指し日々奮闘しております。

歯や歯周病などの治療はもちろん重要ですが、一度治療が終了し、
その良い状態を維持するメンテナンスもまた治療と同じくらい重要であると考え実践しております。
定期的なPMTC、レーザー治療をメイン行い、患者さまの健康がプラスのスパイラルに入ることができるように、そのお手伝いをさせていただいております。

安心のカウンセリング

安心のカウンセリング

総合治療について、副院長堀克昌がたっぷり30分(場合によっては60分)、しっかり説明しております。

これまで歯科治療というと、痛いところを治療することを続けてきました。
しかし、それを繰り返すことで、咬み合わせ全体が傾いてしまっている患者さんに毎日のようにお会いします。

(差し歯や義歯で、咬んで痛みが出そうだと歯科医師が判断すれば、意図的に低い歯を入れることが横行しているからです。
”抜歯”というと患者さんに嫌がられるので、抜歯せずに低い歯を入れるのです。)

また多くの場合、歯列不正が元々ある状態で、咬みやすいところからトラブルが発生しているケースを散見します。

そうなると、治療方針としては、歯列矯正やインプラント治療が必要となる場合も少なくありません。

一般の歯科医院では、『この患者さんは保険診療の範囲での治療をご希望であろう。』と歯科医師が勝手に判断して、保険から外れる治療を含む内容については一切説明がないのが残念なところです。

(また、インプラントや歯列矯正治療を行っていない歯科医院では、その内容を含む治療計画の提案は通常ありません。
歯科医師側すれば、『自分のお店のメニューにない方法は、説明するだけ時間の無駄である。』と考えるからです。)

そのため、治療方法はたいてい一つ、あっても二つというレベルです。

しかしながら、実際には保険という枠に縛られなければ、治療方法はもっと沢山あります。

審美(見た目)や咬み心地を今以上に求めるのであれば、 私たちはその解決方法をいつでも提示することができます。
常に最新技術を取り入れようと、勉強をすればするほど、患者さまの選択できる治療プランの種類は増加します。
あらゆる治療プランの中で患者さまの価値観にもっとも合致した治療プランを選択していただくことになるので、 結果的にインフォームド・コンセントがしっかり行われることになるのです。

様子を見ましょう?

歯がしみるけれど、歯科で「虫歯ではない、様子を見ましょう」と言われた。
そういう経験はありませんか?
咬み合せが悪いことで、特定の歯に強い力が加わり、しみるというサインを出しているのかもしれません。
堀歯科医院では、豊富な咬み合せ治療経験を元に、しっかりカウンセリングを行い歯科治療計画をご提案します。

n02-04_R.jpg

サブコンテンツ

このページの先頭へ