仙台市の歯科医院 インプラントの堀歯科医院

しっかり説明、総合的な歯科治療を行っています。

こどものランパ矯正

Category

ランパ矯正 顎顔面口腔育成治療

堀歯科医院では、子どもの矯正治療として RAMPAセラピーに基づいた顎顔面口腔育成治療を行っております。
歯列歯槽のみならず、顔面骨格を生理的な前方方向へ成長発育させることができ、 舌位を適正にすることで呼吸も改善できる、 こどもの矯正治療法として今最も優れた治療法です。

前方成長イメージ
下方成長イメージ

歯列不正は、顎顔面の成長過程の問題が、 見えやすい形で現れたものかもしれません。
yugami-dr-shimizu.jpg
清水正裕先生 総説:バイオブロックによる矯正治療 より
※イメージ図 実際にこの図の通りに歪むということではありません
歯列で考えられていた不正咬合を、顔面頭蓋から3次元的にとらえて分析することで、原因がより明確になりました。 このランパセラピーの考えに基づいて治療することで、従来の対症療法的矯正治療から進めて、原因に対する治療が可能となりました。
歯列矯正は、文字通り歯列を対象とした矯正治療法です。 骨格的な問題(顎骨のサイズ、頭蓋に対する位置、上下の顎のアンバランス、等)については根本改善することは不可能です。 歯列に対する治療で全体の緩和を図ることになります。
ランパ矯正 顎顔面口腔育成治療は上顎骨・下顎骨を含む顔面骨格が対象となります。 歯列矯正と骨格矯正の範囲
上顎骨は頭蓋の他の骨9個と繋がっています。 上顎を前方(水平方向)に成長させることで、つながった骨にも影響を与え、結果として顔面骨格全体が生理的に良い方向へ発育し顔貌が良くなります。
前方成長させることで、永久歯の抜歯は必要ない状態となります。
受け口(反対咬合)で手術が必要、あるいは歯を傾けて咬ませるしかないと言われたお子さんも治療可能です。 笑ったときに歯ぐきが見えるガミースマイル(過蓋咬合)、出っ歯(上顎前突)、お口ポカンと言われる状態 実は、どれも原因は同じ、上顎の前方成長不足なのです。
5歳から7歳ぐらいが治療開始適齢期ですが、それより大きいお子さんも、小さいお子さんも、気になる状態がありましたら一度矯正相談にご来院ください。
堀歯科医院 子供の矯正サイト ランパ治療
不正咬合の問題点

不正咬合の問題点

歯がふぞろいだったり、上下の アゴの歯ならびがお互いにちゃんと噛み合わない状態を、専門的には「不正咬合」といい...
AX