仙台市の歯科医院 インプラントの堀歯科医院

しっかり説明、総合的な歯科治療を行っています。

当院が選ばれている3つの理由

総合治療の説明を、歯科医師が時間をかけて行っています。
開業43周年。常に最新の技術を取り入れ研鑽する努力を惜しみません。
最新の検査機器、治療機器、滅菌設備で衛生管理。確実な治療を行っています。

Recent Articles

堀歯科関連サイト新着情報

2017年7月20日インプラント情報
根分岐部病変には、超音波スケーラーが良い。
・上下顎第一大臼歯の頬側根分岐部の幅は0.63-1.04?であり、ハンドスケーラ...
2017年7月15日インプラント情報
2-IODのリスク
・CawoodとHowellの分類のクラス4から5(顎堤の高さが12-18ミリ)...
2017年7月10日インプラント情報
咬合高径が低い状態であることを知る感覚がない。
・咬合拳上すると、実験動物のモルモットでは、元の咬合高径に戻すように調整する。 ...
2017年7月8日マイベストプロ コラム :: 堀克昌
健康的に痩せる”ホエイ”とは?!
堀歯科医院には、宮城・仙台からインプラントや矯正治療を希望される患者さまが多数来院されています。 ~
2017年7月5日インプラント情報
日本人男性のMonsonの湾曲は4インチ+α
・平均的なMonsonの湾曲は4インチ(=101.6ミリ)と言われてきたが、これ...
2017年7月1日インプラント情報
下歯槽神経障害の10%が、インプラント埴立後。
2007年、デンマークの口腔外科医のHillerupらは、下歯槽神経障害を主訴と...
2017年6月30日インプラント情報
セメント固定とスクリュー固定で、インプラント周囲炎の発症率には差がない。
・セメント残留リスクがあるはずのセメント固定と、セメント残留がないスクリュー固定...
2017年6月25日インプラント情報
広汎性侵襲性歯周炎に対するインプラント治療のリスク
・広汎性侵襲性歯周炎に対するインプラント治療の生存率は、慢性歯周炎および歯周炎で...
2017年6月20日インプラント情報
副オトガイ孔
オトガイ孔周辺に位置し、下顎管と連続し、かつオトガイ孔よりも小さい副孔であり、そ...
2017年6月15日インプラント情報
再感染やその後の治療失敗の原因としてのコロナルリーケージの印象は薄れてきた。
・昨今の間接的証明によると、再感染やその後の治療失敗の原因としてのコロナルリーケ...
AX